美容院 美容室 変えたい

長年通っていた美容院を変えたいと思うことは誰にでもあることですが、一体どんな不満があって美容院を変えるのでしょうか?
その理由について調べてみました。
また、美容院を変えるとき、美容師に何と言って通うのを止めるのでしょうか?

美容院の料金が値上がりしたから

「金の切れ目は縁の切れ目」ですね。
どんなに気に入った美容院でも、やはり料金が高くなるというのは変えたくなる大きな理由ですね。
「指名料金が値上がりしたから」という声もありました。

担当の美容師の腕は悪くないが、気が合わない・話が合わない

美容師とのウマが合わず、美容院を変えたいというのもよくあるパターンです。
お客さんの話題に合わせない美容師、旅行と仕事の話しかない話題の乏しい美容師、お客さんの話を聞かない、なれなれしすぎる、必要以上におしゃべりな場合などは、いくら技術が良くても変えたくなる、という声もありました。

「自分に似合う髪形」よりも「流行の髪形」を押し付けるから

流行を取り入れた髪型も大切ですが、やはりお客さんの好みを取り入れてのヘアスタイルの提案をしてほしいものです。
もっと大事なのは「お客さんに似合う髪形」にすること。
そういう「提案力」も、美容院の大切な要素です。
提案力がなく、強引に意見を押し付けるような美容院は変えたいと思われても仕方ありません。

美容師の技術が下手だから

カット・パーマなどが下手な美容院・・・これはもうどうしようもありません。
美容院を変えたい理由のナンバーワンではないでしょうか。
これまでどれほど不満がなくても、ある日最悪な髪型にされた!というのがきっかけで、思い切って美容院を変えてしまう人も少なくないようです。
最初は良かったのに、回数を重ねるにつれて慣れてきたのか仕事が雑になってきた・・・という場合もあるようです。
また、カット・パーマが下手というのではないが、毎回、こちらの好みや希望を覚えてくれず、毎回同じことを聞いてくる・・・という場合も変えたいという理由になります。

もっと身体に優しいカラーリング剤やシャンプーなどを使う美容院に変えたい

美容師の技術や人柄が悪くなくても、その美容院で使っている物に不満がある場合もあります。

担当の美容師が辞めてしまった

その美容院にお気に入りの美容師がいる場合、その美容院に通うのを止めてしまうということもあります。
その美容師が新しいところに移った場合、その新しい美容院に通う場合もあります。

シャンプーや化粧品の売り込みをする場合

カット中に商品のセールスされるとやっぱりイヤなものです。
あまり営業トークが多い美容院には行きたくありません。

美容院を変えたい方に

新しい美容院をインターネットで探してみましょう!
それぞれの美容院のカットの例も写真で出ていますので、イメージもつかみやすいと思います。
それから、たいていはクーポンがあるのでお得ですよ♪

 

こちらの地図からお住まいの地域をクリック!!
        ↓↓↓↓↓